鹿児島で手作り!!三つ折り財布一本勝負の店|みつおり屋さん 

*受注生産* 小銭入れ+α 栃木レザー/ピアノレザー(焦茶)&ピッグスエード(焦茶)

9,900円(税900円)

*受注生産* 小銭入れ+α 栃木レザー/ピアノレザー(黒)&ピッグスエード(黒)

小銭(硬貨)が好き。

あの重みが、私を豊かな気持ちにさせてくれるのです。

基本、自分用の革製品を作るときには小銭様をメインに設計。

これまでに

1、スタンダードな「小銭入れ」→内部で2室に分かれており、1円5円グループと10円以上の硬貨が分けて収納できる小銭入れ。

2、1週間分の予算を入れて家計簿代わりにも使える小型(小ぶりな)財布。

を作ってまいりました。

今回、さらなる小銭入れの使いやすさと普段使いとしての機能を取り入れた「新型」を作ってしまいました。

使用する革は定番の栃木レザー/ピアノレザー。

表革にはピッグスエードを貼り合わせ、大人の雰囲気を漂わせながら強度の向上も図っております。

仕様といたしましては、一番手前の仕切革部分が1円・5円玉収納(私の場合)。

仕切り革の裏に、4つ折りで紙幣を収納しておくポケットを付けておきました。

紙幣を折り曲げるのが嫌いという意見があるとは思いますが、昔、曾祖母ががま口に紙幣を入れるときは4つ折りにしてましたよね!!ということでお許しくださいませ。

そして中央の一番大きなスペースが、10円・50円・100円・500円玉の収納スペースです。

紙幣は週に2000円〜お金持ちは5000円(1000円札×5)ほど補充して、その予算内で1週間のやりくりをしていただきたい。

そんな、やりくりをあたかもゲーム感覚で楽しんでみよう!!というコンセプト。

一番奥、そこにはカード類を収納していただけます。

欲張りすぎずに2枚か3枚がベスト。

あくまでメインは小銭(硬貨)なのです。

という私はカード4枚と珈琲チケットを入れておりますが、カード類を入れすぎると、革が小銭の形に合わせて膨らむ自由を奪うため小銭の収納力が落ちてしまいます。

あくまでも「小銭入れ」、そこに+αの機能を足した、自分の理想を集めて製作した小銭入れです。

【素材】
表革:栃木レザー/ピアノレザー(焦茶)
表革貼り合わせ:ピアノレザー(焦茶)
中革:栃木レザー/ピアノレザー(焦茶)
糸:ZEBRA ナイロンロウ引き糸(クリーム)
金具:バネホック
コバ:黒に染色・磨き

【サイズ】
W 11cm × H 7.5cm × D 2.5cm

【仕様】
メインコインスペース×1・浅めの4つ折り紙幣収納×1・カード×1・サブコインスペース×1

*納期に関しまして*
みつおり屋さんは、全商品受注生産でございます。
ご注文確定後、新たに1から新品を製作しお届けいたします。
納期につきましては、現在1か月ほどいただいております。
あらかじめご了承くださいませ。

*こちらの商品は、タンニン鞣し革を使用しております。
革の特性上、色むら・生きてる時の傷跡・血管筋等がみられる場合がございます。
これらは、天然皮革タンニン鞣しの革の証であり、味わいと考えております。
大量生産とは一味違うハンドメイド(手縫い)の味わいと共に、本革の良さを感じていただければ幸いです。